電話:072-252-0980

大阪府堺市北区中長尾町2-2-26

お問い合わせはこちら

堺市北区の歯科、山本歯科医院。予防歯科、審美歯科、歯周病治療、インプラントに対応

予防歯科

診療案内
診療の流れ
求人募集 いちょう会インプラントセンター
Mobile Site

予防歯科 ~貴方の歯を守るために~

詳しくはヘルスケア通信へ

虫歯や歯周病は、お口の中の細菌が原因であることが、解明されています。したがってまずはお口の中の、悪い細菌を除去すること、これが歯を守るための最大のキーポイントになります。しかしお口の中の細菌は、「バイオフィルム」と呼ばれる「ぬるぬる」のなかに、隠れるような形で住みついています。

台所の排水溝の「ぬるぬる」と同じような物と思ってください。この「ぬるぬる」は歯ブラシでは完全には取れません。抗菌剤やうがい薬も通常では効きません。そのために、専門家によるこの「バイオフィルム」の除去が、予防のためにはどうしても必要になります。


  • 多量に付着したバイオフィルム
    (染色しています)

  • バイオフィルムのない
    清潔な口腔内

当院では次のような治療法や器具を使用して、貴方の歯を守るための予防プログラムを提供しています。

口腔内写真

検査やレントゲンには現れない歯肉炎や虫歯、バイオフィルムの付着など、微妙な情報を写真は伝えてくれます。お口の中の状態を、患者さんご自身に正確に理解していただくために写真で説明するようにしています。

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。
ご家庭での歯磨きでは落としきれないバイオフィルムを専門家の手でクリーニングし、歯の表面の細菌を除菌します。虫歯、歯周病共に有効な、強力な予防ツールです。

SRP

歯の根の表面、歯周ポケットの中の細菌の巣を破壊、 洗浄し、除菌します。細菌毒素によって汚染された歯根面を無毒化し、なめらかにすることによって、治癒しやすい環境をつくります。PMTCと併用して歯周病を改善、予防します。

ディプラーキング

歯の根の表面、歯周ポケットの中のバイオフィルムを破壊、洗浄し、除菌します。PMTCと併用して歯周病を改善、予防します。

唾液検査(リスク検査)

唾液を採取するだけの痛みのない簡単な検査です。虫歯菌(ミュータンス菌とラクトバチルス菌)の量、唾液の量、唾液の質、などを調べます。これにより虫歯のかかりやすさなど、患者さんの歯性を知ることができ予防プログラムの参考にします。

フッ素

フッ素は歯の再石灰化を促進し歯質を強化。細菌を抑制する作用もあります。小児に限らず、生涯を通じ、歯の健康に不可欠のものです。PMTCおよびSRPのあとにも必要に応じ使用していきます。

咬合のコントロール

咬むという事は、歯の大事な働きであると同時に、歯にとってストレスでもあります。本数が減ってきたり、片方だけで咬むような咬み合わせのバランスが崩れると、歯の寿命に大きく影響してきます。そうならないよう咬み合わせのバランスを整えて行きます。また歯ぎしりやくいしばり等もコントロールする必要があります。

3DS

Dental Drug Delivery Systemの略。
患者さんそれぞれに専用のマウスピースを作り、その中に抗菌剤やフッ素を入れ、お口の中で、直接作用させます。リスクのコントロールの難しい症例に有効です。

その他のリスク因子

予防歯科では、歯が悪くなる原因をリスク因子と呼びます。
虫歯のリスク因子としては虫歯原因菌の数、唾液の量と質、唾液の緩衝能、フッ素の使用の有無、食習慣などがあり、歯周病の因子としては、喫煙、遺伝、生活習慣、糖尿病、その他の内科疾患などがあげられます。
これは人により様々です。それぞれに応じたコントロールを行っていきます。

メインテナンス

お口の中の細菌は除去後3~6ヶ月で再び増殖し有害性を持ってくると言われています。またバイオフィルムとして定着するのもその頃です。定期的にバイオフィルムのクリーニングを行ってお口の中の環境を安定、維持します。

定期的なバイオフィルムの除去は、予防のために絶対に必要な処置と言えます。期間は、患者様のリスクにより1年に1回で済む方から1~2ヶ月に1回の方もあり様々です。

痛くもないのに歯科に通うのは面倒と感じられるかもしれませんが、痛くなったときだけ歯科にかかる場当たり的な治療では、確実に歯は無くなっていきます。そればかりか原因を無視した治療を繰り返していると、まじめに歯科に通っても、歯は無くなっていく可能性があります。長年歯科に通ったあげく、入れ歯になった高齢者の方もたくさんいらっしゃるわけです。

歯は、それぞれの歯で助け合って機能していますので、1本でも多く歯が残っているほうが将来有利になります。すこしでも若いうち、できるだけ健康な歯のうちから予防をしていくのが望ましいと考えています。

健康な歯は年をとればとるほどかけがえのない財産となります。私たちと一緒にがんばりましょう。

Page Top